WATERSHED FOREST CREATION
水源林造成

伐採後の山林をお持ちの方で、有効活用を検討されている方へ。”再造林”で新しい循環型環境を一緒に目指しませんか?自然災害の防止、地域の水質改善、固定資産税の免除

水源林造成について

水源林造成とは、伐採後の山林に新たな植生を育て、水源地を保全し再生する活動を指します。この取り組みにより、水質の浄化や流量の安定化を図ることができ、地域の生態系や生物多様性の保護にも寄与します。三謳では、伐採した後の山林を持つ方々に対し、これらの森林を有効活用し、新しい循環型環境の構築を目指す支援を行っています。

水源林のイメージ画像
水源林のイメージ画像
水源林のイメージ画像

水源林造成はなぜ重要なのか?

水源林のはたらき。水源かん養機能、土砂災害の防止、地球温暖化の防止、生物多様性の保全

水源林造成は、雨水の貯留と河川へのゆっくりとした放出を通じて地域の水源と水質を安定させることで、環境保全に極めて重要な役割を果たします。森林の失われによって引き起こされる洪水や土砂災害、水質の悪化を防ぎ、新しい植生の確立により水源地の保全と再生を促進します。また、長期的な保護と経済的メリットの提供、二酸化炭素の吸収による地球温暖化対策にも貢献し、自然災害のリスク低減と生物多様性の保全にも重要です。

水源林造成への取り組みについて

水源林造成への取り組みのイメージ画像

三謳では、放置された伐採後の山林を活用し、水源林造成を通じて新たな森林を育成する取り組みを進めています。このプロジェクトは、山林の有効活用と環境保全を目的とし、地域の水源を守り、豊かな自然を次世代へと継承するための重要なステップです。再造林により、失われた森林の機能を回復させ、水質の浄化や生物多様性の保護に努めています。

国の保安制度で新しい水源管理をしてみませんか?

国の保安林制度は、森林を通じた水源地の保護と維持を目的としています。これにより、特定の山林が保安林として指定されると、土砂災害の防止や水質の保全などの公益的機能が認められ、固定資産税の免除などのメリットが与えられます。三謳では、この保安林制度を活用し、お持ちの山林を新しい水源管理の一環として再造林することを推奨しています。国から再造林に向けた補助金制度も提供されており、お得に山林管理のサポートを受けることが出来るかもしれません。詳しくは三謳までお気軽にご相談ください。

水源林造成までの流れ

  • お問い合わせ

    まずはお気軽にお問い合わせください。伐採後の山林をお持ちで、再造林を検討されている方に対して相談をお受けいたします。

  • 初回相談

    お問い合わせいただいた内容に基づき、初回のご相談を行います。国の制度や補助が受けられるかどうかも一緒にご確認いたしますのでご安心ください。

  • 現地調査

    まずは、専門のスタッフがお持ちの山林の現状を把握するために現地調査を行います。土地の特性、植生の状況、水源地への影響などを詳しく調査します。

  • 計画策定

    現地調査の結果を基に、再造林を含む水源林造成の計画を策定します。この段階で、森林の持続可能な管理と生態系の保護を目的としたプランを計画します。

  • 申請・手続きサポート

    水源林造成には、保安林の指定申請など、様々な行政手続きが伴います。三謳では、これらの申請プロセスをサポートし、スムーズな手続きをお手伝いします。

  • 実施・管理

    計画に基づき、再造林などの実施に移ります。植栽後の管理も重要であり、三謳では長期的な視点で森林の成長をサポートし、持続可能な水源林造成を目指します。